• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアはコネ社…

オーストラリアはコネ社会だと感じている。さまざまな商品やサービスで参入障壁がやたらに高いので、当然物価は高い。

先日、引っ越し先のオフィスビルの地上階にある会社案内版に弊社名を入れようと、ビル管理会社に連絡すると、ある会社を紹介された。見積もりは350豪ドル(約3万円)。社名を入れるだけなのにやけに高いなと思い、サービスシーキング(serviceseeking.com)という流行りのサイトを使って入札してみた。すると、ポストしたわずか3分後に電話が。聞くと、150豪ドルでいいという。半額以下ではないか。

おそらく、先の会社はビル管理会社と関係があるのだろう。そういう関連会社を紹介されるケースは内装工事などでいくつもあった。サービスが悪いのに物価ばかりが一流のこの国で、サービスシーキングが改革を起こしてくれないかと思っている。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージーの友人から誕生…(01/21)

国際紙パルプ商事、豪企を買収 豪NZでの地位確立狙う(01/21)

〔政治スポットライト〕労働党、研究開発への減税を拡大表明(01/21)

自動運転車、第三者保険めぐり業界で議論(01/21)

DJs、クリスマス前の売り上げ振るわず(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

コーガン上半期、海外商品売上が46%大幅減(01/21)

AGL、石炭灰に重金属発見で販売中止へ(01/21)

電力小売デルタ、中国資本で発電所計画(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン