テイクオフ:オーストラリアはコネ社…

オーストラリアはコネ社会だと感じている。さまざまな商品やサービスで参入障壁がやたらに高いので、当然物価は高い。

先日、引っ越し先のオフィスビルの地上階にある会社案内版に弊社名を入れようと、ビル管理会社に連絡すると、ある会社を紹介された。見積もりは350豪ドル(約3万円)。社名を入れるだけなのにやけに高いなと思い、サービスシーキング(serviceseeking.com)という流行りのサイトを使って入札してみた。すると、ポストしたわずか3分後に電話が。聞くと、150豪ドルでいいという。半額以下ではないか。

おそらく、先の会社はビル管理会社と関係があるのだろう。そういう関連会社を紹介されるケースは内装工事などでいくつもあった。サービスが悪いのに物価ばかりが一流のこの国で、サービスシーキングが改革を起こしてくれないかと思っている。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:毎朝会社に新聞を配達す…(05/23)

豪連邦、州インフラ補助減額 過去5年間で最少の215億$(05/23)

ワンネーション党、法人税減税の支持撤回(05/23)

〔政治スポットライト〕豪中外相会談、2国関係改善で意見交換(05/23)

豪のごみ問題深刻化、日本の焼却技術に注目(05/23)

源泉徴収票が7月から段階的廃止、電子化へ(05/23)

AGLがリデル火電売却拒否、政府は強制も(05/23)

WAに共同使用のパイプラインを=ガス大手(05/23)

海外企、豪高速道路市場の寡占を非難(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン