佐賀銀出資の飲食店が開業、販路拡大狙う

佐賀銀行が出資する香港の飲食店運営企業、C&サガダイニングは9日、香港島の繁華街コーズウェーベイ(銅鑼湾)に、佐賀県産食材を提供するレストラン「佐楽(さら)」を開業した。出店を通じて、県産品のPRと販路拡大を狙う。

レストランは「炙り焼きと佐賀蔵酒」をコンセプトとしており、佐賀牛やみつせ鶏など佐賀ブランドの肉類、早朝の競りの後にすぐ空輸された玄海の魚介類、青果などを有田焼の器で提供。県内のほとんどの蔵元の日本酒をそろえる。

店内には、県の文化や観光情報を紹介するディスプレーも用意。佐賀の魅力を情報発信することで、インバウンド誘致にもつなげる。

同日行われたオープン式典に出席した佐賀銀の陣内芳博会長はNNAに対し、「あまり知られていない佐賀県を香港でどう発信していくかが大事」とコメント。「香港を一つの発信地として、県内の農水産物をアジアに輸出していく。レストランを通じて販売ルートを広げることで、地元経済が元気になれば」と期待感を示した。

佐賀銀は今年1月、子会社の佐銀キャピタル&コンサルティング(佐賀市)と共同で設立したファンドを通じて、C&サガダイニングに7,860万円を投資している。

「食材から食器まで、オール佐賀で取り組む」と語る佐賀銀の陣内会長=9日、コーズウェーベイ(NNA撮影)

「食材から食器まで、オール佐賀で取り組む」と語る佐賀銀の陣内会長=9日、コーズウェーベイ(NNA撮影)


関連国・地域: 香港日本
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料農林・水産商業・サービス観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅付近を散歩中、高齢…(05/21)

オフショア元の流動性改善へ 人民銀が新措置、市場で期待の声(05/21)

相次ぐHKMA介入、プライムレート上昇か(05/21)

本土にLME倉庫、李CEOが方針表明(05/21)

反発、資源銘柄に買いが集中=香港株式(05/21)

大湾区の新たな指数を公表、恒生指数公司(05/21)

MPF口座の1割超、DISに投資(05/21)

中国企業の海外不動産投資、1Qは27%減(05/21)

SFC、シティに過去最高の罰金5700万ドル(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン