中銀、金融機関に仮想通貨の取引中止を指示

インド準備銀行(中央銀行)は5日、金融機関に対して、ビットコインなどの仮想通貨に関する金融サービスを中止するよう改めて指示した。

中銀は隔月で発表している報告書で仮想通貨について言及。「仮想通貨は、国内の金融システムの効率化や拡大に寄与する可能性がある」と指摘する一方、現時点では消費者保護や資金洗浄(マネーロンダリング)防止などの観点から、仮想通貨に関する金融サービスは控えるべきとの見解を示した。仮想通貨の事業者に対しては、サービスを中止するよう指示した。

中銀は2013年以降、仮想通貨に対する慎重な立場を繰り返し示している。


関連国・地域: インド
関連業種: 経済一般・統計金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

スズキ、カーケアの販売強化 全国の販売店でブランディング(07/20)

HTC、インド地区幹部が相次ぎ退職か(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

BMWがインド産バイク発売、50万円から(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

二輪車の輸出先、バングラが首位に(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

マヒンドラの小型SUV、来年頭に発売へ(07/20)

国鉄の線路敷設、昨年度は3割減(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン