国営製薬MPF、毒蛇血清の輸出開始

ミャンマー工業省傘下の医薬品工場ミャンマー・ファーマシューティカル・ファクトリー(MPF)は、ラオスとカンボジア、ネパールへの毒蛇血清の輸出を開始した。イレブン電子版が5日伝えた。 MPFの毒蛇血清の生産量は年間10万人分で、マムシ用が9万人分、コブラ用が1万人…

関連国・地域: ミャンマーカンボジアラオスネパール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

小売りスペース需要は回復へ ECと差別化へ「体験型」カギに(04/18)

バガン世界遺産実現へ、支援国に後押し要請(04/18)

ミャンマー正月、ロイター記者への恩赦なし(04/18)

ヤンゴン新都市の環境評価、6月に意見公募(04/18)

ヤンゴン高架環状道、6月に落札企業を発表(04/18)

資源契約の公開は投資誘致に有効=仏トタル(04/18)

環境影響評価協会、能力強化でIFCと提携(04/18)

農村で小型電力供給網の構築を=国際NPO(04/18)

水資源河川系開発局長ら5人、汚職捜査開始(04/18)

TTCL、子会社の株式を日系2社に売却(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン