• 印刷する

在日インドネシア経営者協会、正式発足

日本とインドネシアの友好協力関係をさらに強化、発展させていくことを目的とした一般社団法人「在日インドネシア経営者協会(APIJ)」が4日発足した。参加した在日インドネシア企業は24社。

同日には駐日インドネシア大使公邸で設立記念式が開かれ、代表理事に総合製紙企業アジア・パルプ・アンド・ペーパー・グループ(APP)の日本販売会社エイピーピー・ジャパンのタン・ウイ・シアン会長が就任した。

タン会長は「インドネシアは東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国の中で最大の市場規模を誇り、平均年齢は若く人口も増加しており、日本と理想的なシナジーが構築できる」と述べ、「APIJを日本に信頼されるビジネスパートナーとして育てていき、両国の経済関係を一層強化できるよう尽くしていきたい」と語った。

APIJには、国営銀行バンクネガラインドネシア(BNI)、国営石油プルタミナ、国営ガルーダ・インドネシア航空などが参加している。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

百貨店メトロ、インドネシア合弁から撤退(18:14)

国内最長の高架有料道が完成 第2チカンペック、近く供用(12/13)

いすゞが「トラガ」を輸出 初年度は6000台、3年20カ国視野(12/13)

ダイハツ11月小売り台数、前月比4%増加(12/13)

EVバッテリーの投資に日韓が関心=産業相(12/13)

ニッケル製錬所の建設数、22年目標の3割減(12/13)

石炭供給義務、来年は1.6億トンに引き上げ(12/13)

国営石油、国営3社とパイプライン敷設事業(12/13)

23年にEV用バッテリー生産開始へ=調整相(12/13)

不動産2社、バタムでデジタル・ハブ開発へ(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン