低所得者向け商店1.8万店に 開始半年、貧困対策とE決済普及

タイ政府が昨年10月から登録制で始めた一部商品を割引した低所得者向けの小規模商店「トン・ファー(青旗店)」が、半年で約1万8,000店になった。青旗店では政府が低所得者支援の一環として給付している電子マネーが使える。貧困対策を講じながら、電子決済の普及も図る狙いだ。政…

関連国・地域: タイ
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

SCアセット、米のアパート買収に33億円(15:56)

テイクオフ:「あなた日本人?」タイ…(08/20)

レジ袋・ストローに環境配慮 生分解プラ商機、日系も製造販売(08/20)

エアアジアが欧米便に意欲、日本発着国際線強化(08/20)

日産、東南ア向け新型SUV「テラ」を発表(08/20)

三菱自、MPV「エクスパンダー」を発売(08/20)

タイポスト、郵便事業の高度化推進(08/20)

JWD、レムチャバン港の運営に意欲(08/20)

不動産シンハ・エステート、子会社2社設立(08/20)

ライモン、スクンビットのコンド2件買収(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン