低所得者向け商店1.8万店に 開始半年、貧困対策とE決済普及

タイ政府が昨年10月から登録制で始めた一部商品を割引した低所得者向けの小規模商店「トン・ファー(青旗店)」が、半年で約1万8,000店になった。青旗店では政府が低所得者支援の一環として給付している電子マネーが使える。貧困対策を講じながら、電子決済の普及も図る狙いだ。政…

関連国・地域: タイ
関連業種: 経済一般・統計IT・通信商業・サービス社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2階の屋根部分の骨組み…(06/21)

販路拡大、東南ア展開を探る ものづくり商談会、164社が出展(06/21)

東海光学、地場TOGと眼鏡レンズ生産(06/21)

家電の海外売上高6割に、パナの22年度目標(06/21)

セイコー、高級腕時計の販売を加速(06/21)

コマツ、新システムなど提供でシェア維持へ(06/21)

TTC、ベンツ認定の塗装センターを開業(06/21)

タイ医薬品傘下の配送会社、ヤンゴンに拠点(06/21)

ホンダ、新型HR―Vを7月8日発売(06/21)

タイ在住の出稼ぎ労働者、42万人の登録完了(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン