食品センチュリー、原料コスト高で増収減益

フィリピンの食品大手センチュリー・パシフィック・フード(CNPF)が発表した2017年決算は、売上高が前年比22%増の345億ペソ(約708億円)、純利益が4%減の25億5,000万ペソだった。ツナ缶やココナツ製品の販売は好調だったが、原料価格の上昇が収益を圧迫した。 売上高の内…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料


その他記事

すべての文頭を開く

ボラカイ島、島内全ての事業認可を白紙に(07/20)

1~5月アバカ生産は1%増、ミ島が大幅増(07/20)

物流ロイヤル、ブラカンの最大拠点を稼働(07/20)

トヨタが優遇車の生産開始 新ヴィオス、月3500台販売へ(07/20)

上半期の新車総市場、12%減の19.2万台(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

ワイズテーブル、合弁設立へ(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

フィッチ、信用格付けをBBBで据え置き(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン