• 印刷する

三井物産の豪社TOB、50%突破で子会社化

三井物産は、オーストラリア石油ガス開発大手AWE社に対し、1株0.95豪ドルで実施していた公開買付け(TOB)で、4日までにAWEの50.1%を取得したと発表した。総額は6億200万豪ドル(約496億円)になる見込み。

これにより、AWEは三井物産の特定子会社となる。公開買付は4月18日に完了する。

AWEは先に、三井物産が提示していた買収案を受け入れると表明していた。AWEを巡っては、三井のほか、西オーストラリア(WA)州パース拠点の鉱業サービス会社ミネラル・リソーシズ(ミンレス)と中国のエネルギー企業、中国国儲能源化工(CERCG)の2社が買収案を提示していた。

AWEは、ガス埋蔵量で国内上位5位以内に入るWA州ウエイツィア(Waitsia)ガス田の権益50%を保有している。


関連国・地域: 中国オーストラリア日本
関連業種: 金融天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:初めて職業訓練校(TA…(10/19)

豪9月の失業率、5.0%に好転 求職者数が減少(10/19)

賃金上昇率、今後は緩やかに上昇=RBA(10/19)

労組監視機関、企業に集会参加者の報告要求(10/19)

技能移民プログラム、不足の職種を公表(10/19)

太陽光パネル補助金、消費者の負担18億$に(10/19)

フラトンホテル、シドニーに海外1号店(10/19)

資源BHP、通期の銅生産目標を下方修正(10/19)

プレスメタル、日系の豪アルミ株50%獲得(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン