• 印刷する

三井物産の豪社TOB、50%突破で子会社化

三井物産は、オーストラリア石油ガス開発大手AWE社に対し、1株0.95豪ドルで実施していた公開買付け(TOB)で、4日までにAWEの50.1%を取得したと発表した。総額は6億200万豪ドル(約496億円)になる見込み。

これにより、AWEは三井物産の特定子会社となる。公開買付は4月18日に完了する。

AWEは先に、三井物産が提示していた買収案を受け入れると表明していた。AWEを巡っては、三井のほか、西オーストラリア(WA)州パース拠点の鉱業サービス会社ミネラル・リソーシズ(ミンレス)と中国のエネルギー企業、中国国儲能源化工(CERCG)の2社が買収案を提示していた。

AWEは、ガス埋蔵量で国内上位5位以内に入るWA州ウエイツィア(Waitsia)ガス田の権益50%を保有している。


関連国・地域: 中国オーストラリア日本
関連業種: 金融天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

豪政府事業の入札、納税記録の提出義務付け(18:09)

新エネ政策、支持保留の州政府間で意見分裂(18:09)

豪資源の自動化、30年までに実現=日立建機(18:09)

テイクオフ:カンタスの機内安全ビデ…(08/16)

新エネ法案承認、州政府が保留 労働党、上院で不支持方針(08/16)

住みやすい都市、メルボ2位陥落で大阪躍進(08/16)

豪2Q賃金2.1%上昇、低水準も今後伸びるか(08/16)

豪8月消費者マインド、下落も楽観続く(08/16)

長時間シフトには長期の病気休暇を=FWC(08/16)

ホワイトヘイブン通期、過去最高益を記録(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン