歳入法改正、年間取引3千件以上は報告へ

タイ財務省国税局は、歳入法の一部を改正し、金融機関、特定目的金融機関、電子決済サービス会社に対して、年間3,000件以上の預金、取引を行った利用者について、同局への報告を義務付ける計画を明らかにした。源泉徴収税、付加価値税(VAT)の徴収の効率化が目的。4日付バンコ…

関連国・地域: タイ
関連業種: 経済一般・統計政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:果物の王様ドリアンの生…(06/19)

テイクオフ:普段からよく使っている…(06/19)

5月の車生産14%増の19万台 国内向け回復で通年目標を修正へ(06/19)

タイヤマハ、ゴルフカートの生産・販売拡大(06/19)

5月の車輸出9.8%増、オセアニアがけん引(06/19)

東レ、駐在員事務所をハノイに設立(06/19)

富士フイルム、新ミラーレスデジカメを発表(06/19)

LG電子、下期にテレビの新製品33モデル(06/19)

運輸省、36年までに全車両にGPS導入を(06/19)

5空港の出入国3割増、当局が対応を強化(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン