ボラカイ島を26日から閉鎖 大統領が決定、半年かけ環境回復

フィリピンのドゥテルテ大統領は4日、違法建築からの排水などによる環境破壊が問題となっている国内有数の観光地、ボラカイ島(アクラン州)を、4月26日から半年間閉鎖することを決定した。違法建築の撤去や下水管の整備などで環境を回復し、国際的なリゾート地としての再建を図…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 経済一般・統計観光・娯楽社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マニラ首都圏で、配車ア…(07/24)

大統領が3年目の方針を演説 税制改革第2弾、年内署名へ(07/24)

PPP事業の公正な競争確保、2機関が提携(07/24)

今年インフレ率は4.5%、民間予測が上昇(07/24)

台湾の彰化銀行、マニラ支店を開業(07/24)

商銀大手メトロバンク、2Qは31%増益(07/24)

23日為替:$1=53.480ペソ(↑)(07/24)

通信2社、音声通話の接続料を来月値下げ(07/24)

地場ガラス製造、100億円の投資計画を延期(07/24)

スイス系農業、家畜飼料大手の株式75%売却(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン