ヤンゴンの大気汚染が悪化=環境団体調査

ミャンマーの環境団体が実施した調査で、最大都市ヤンゴンの大気汚染レベルが許容水準の上限を超えていることが明らかになった。ミャンマー・タイムズ(電子版)が3日に伝えた。

非政府組織(NGO)「ALARM(Advancing Life and Regenerating Motherland)」は2016年から、交通量の多いヤンゴン市役所前やバインナウン交差点など市内の5カ所で大気汚染調査を実施。地上3メートル地点で、主に大気中の二酸化窒素、二酸化硫黄、粒子状物質を連続8時間にわたり計測している。

今年の調査では、市役所前の二酸化窒素量が16年および17年の10倍に増加し、粒子状物質が許容水準の上限を超えたことが分かった。バインナウン交差点の大気汚染レベルが最も高かったという。

調査によると、大気汚染の原因はごみの焼却、セメントや石炭の生産施設、道路工事などから出る粒子状物質や自動車の排気ガスなど。ALARMは「大気汚染はヤンゴンだけなく他の州や管区でも問題になっている」と指摘し、関係機関は有効な大気汚染対策を講じていくべきと提言した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

製造業が外国投資の7割に 4~6月、国別では中国が半数超(07/17)

ティラワ特区、4~7月は投資1.5億ドル(07/17)

【予定】17日 日EUのEPA署名式ほか(07/17)

「和平は前進」とスー・チー氏、成果強調(07/17)

北部武装勢力、和平協議の継続で合意(07/17)

シャン州、和平会議前日に武力衝突発生(07/17)

副計画・財務相、チャオピュー特区委員長に(07/17)

三井住友銀、教員研修支援で紺綬褒状を受章(07/17)

Mデベロップ、マンダレーバス駅改修に着工(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン