• 印刷する

ヤンゴンの大気汚染が悪化=環境団体調査

ミャンマーの環境団体が実施した調査で、最大都市ヤンゴンの大気汚染レベルが許容水準の上限を超えていることが明らかになった。ミャンマー・タイムズ(電子版)が3日に伝えた。

非政府組織(NGO)「ALARM(Advancing Life and Regenerating Motherland)」は2016年から、交通量の多いヤンゴン市役所前やバインナウン交差点など市内の5カ所で大気汚染調査を実施。地上3メートル地点で、主に大気中の二酸化窒素、二酸化硫黄、粒子状物質を連続8時間にわたり計測している。

今年の調査では、市役所前の二酸化窒素量が16年および17年の10倍に増加し、粒子状物質が許容水準の上限を超えたことが分かった。バインナウン交差点の大気汚染レベルが最も高かったという。

調査によると、大気汚染の原因はごみの焼却、セメントや石炭の生産施設、道路工事などから出る粒子状物質や自動車の排気ガスなど。ALARMは「大気汚染はヤンゴンだけなく他の州や管区でも問題になっている」と指摘し、関係機関は有効な大気汚染対策を講じていくべきと提言した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日本支援の多目的港が完成 ティラワ、貨物増で今後も拡張(18:17)

ミャンマーに記者釈放訴え、米下院が決議採択(17:32)

18年の成長率予測引き下げ 世銀、難民問題に大きな懸念(12/14)

〔寄り道〕「10年は日本でやる。日本の技術を…(12/14)

三菱商事合弁、ヤンゴンでいすゞ販売店開所(12/14)

米、緬を宗教の自由懸念の10カ国に指定(12/14)

迫害、証拠も提出を=ロヒンギャ調査で独立委(12/14)

ヤンゴン政府、一部郡区でのバイク容認検討(12/14)

汚職防止委、ヤンゴンなどに支所を開設へ(12/14)

蒸留酒MDC、スコッチの瓶詰・販売開始へ(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン