• 印刷する

ポスコ、EV向け水酸化リチウムの生産開始

韓国鉄鋼最大手のポスコは2日、韓国で初めて電気自動車(EV)バッテリー向け水酸化リチウムの生産を開始したと発表した。バッテリー用リチウムはこれまで、全量を輸入に頼ってきたが、ポスコの生産開始で韓国製バッテリーの競争力向上が見込まれる。

南西部の全羅南道光陽市にある光陽製鉄所で生産する。年産能力は1,500トン。国内の認証手続きを経た後、LG化学やサムスンSDIなど地場リチウムバッテリーメーカーに販売する。

廃棄された2次電池からリン酸リチウムを回収・濃縮する方法で水酸化リチウムを生産する。リチウム回収率は80%以上と高く、不純物の含有量を競合他社の製品の3分の1程度に抑えたという。

ポスコは2010年、独自のリチウム抽出技術を開発し、本格的な生産に向けた準備を進めてきた。昨年2月に、スマートフォンやノートパソコンなどに使われる炭酸リチウムの生産を開始。炭酸リチウムを含めたポスコのリチウム年産能力は計2,500トンとなる。

同社の権五俊(クォン・オジュン)会長は「『国内で供給されていない素材はポスコが責任を持つ』という使命感を持って、主要素材の国産化に取り組んでいく」と述べた。

ポスコ・光陽製鉄所に新設した水酸化リチウムの生産ライン(同社提供)

ポスコ・光陽製鉄所に新設した水酸化リチウムの生産ライン(同社提供)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車電機鉄鋼・金属

その他記事

すべての文頭を開く

中小企業の5割、「19年は守りの経営」(18:40)

エコカー普及に注力、22年までに50万台(17:54)

JALとKAL、マイル積み立てで提携開始(16:28)

テイクオフ:今年も残りわずかとなり…(12/19)

「好循環」が成長後押し 熱戦eスポーツ(上)20年の歴史(12/19)

11月輸出額4.1%増、500億米ドル超え=確定値(12/19)

韓国の起亜自動車、来年は販売1万台目標(12/19)

上場企業が来年小幅増益、半導体大手不振で(12/19)

国内企業のモバイル決済、海外でも可能に(12/19)

外国人犯罪の摘発、中国人が75%(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン