• 印刷する

ポスコ、EV向け水酸化リチウムの生産開始

韓国鉄鋼最大手のポスコは2日、韓国で初めて電気自動車(EV)バッテリー向け水酸化リチウムの生産を開始したと発表した。バッテリー用リチウムはこれまで、全量を輸入に頼ってきたが、ポスコの生産開始で韓国製バッテリーの競争力向上が見込まれる。

南西部の全羅南道光陽市にある光陽製鉄所で生産する。年産能力は1,500トン。国内の認証手続きを経た後、LG化学やサムスンSDIなど地場リチウムバッテリーメーカーに販売する。

廃棄された2次電池からリン酸リチウムを回収・濃縮する方法で水酸化リチウムを生産する。リチウム回収率は80%以上と高く、不純物の含有量を競合他社の製品の3分の1程度に抑えたという。

ポスコは2010年、独自のリチウム抽出技術を開発し、本格的な生産に向けた準備を進めてきた。昨年2月に、スマートフォンやノートパソコンなどに使われる炭酸リチウムの生産を開始。炭酸リチウムを含めたポスコのリチウム年産能力は計2,500トンとなる。

同社の権五俊(クォン・オジュン)会長は「『国内で供給されていない素材はポスコが責任を持つ』という使命感を持って、主要素材の国産化に取り組んでいく」と述べた。

ポスコ・光陽製鉄所に新設した水酸化リチウムの生産ライン(同社提供)

ポスコ・光陽製鉄所に新設した水酸化リチウムの生産ライン(同社提供)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車電機鉄鋼・金属

その他記事

すべての文頭を開く

日本企業、韓国で商機探る 中小企業商談会開催(09/21)

製薬・バイオの研究開発費に会計処理指針(09/21)

サムスン医療機器事業、ニプロに一部売却か(09/21)

ソフトバンク、中国企業向けファンド設立(09/21)

韓国の中小製造業、生産拠点は中国より越(09/21)

現代自がスイス社に出資、AR車載を開発(09/21)

欧州に水素燃料電池トラック1千台、現代自(09/21)

光州市の自動車工場新設、労組が反発(09/21)

ヤンゴン―ダラ橋、12月に着工目指す(09/21)

現代重持ち株会社、中国ロボット市場攻略へ(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン