携帯向け輸入電子回路基板、政府が課税検討

インド政府は、携帯電話に使用されるマザーボード(電子回路基板)などに10%の輸入関税を課す方向で検討している。国産推進を目的とした政府の方針に基づく構想。PTI通信が伝えた。 予定される課税対象品は、携帯電話に使用されるマザーボードとカメラモジュール、コネクター…

関連国・地域: インド
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:外国に暮らしていると、…(12/12)

トラックの配車アプリが好調 地場レッツ、近距離配送を手軽に(12/12)

日産、南部にIT開発拠点を開設(12/12)

スズキのCNG車、累計販売50万台突破(12/12)

EVヒーロー、投資会社から16億ルピー調達(12/12)

電力テナガ、インドの水力発電事業に出資(12/12)

クボタ、農機エスコーツと合弁会社(12/12)

タミルナド州のプラ容器規制、業界が反発(12/12)

ニチレイが食肉EC企業に17億円出資(12/12)

日印アニメ会社、忍者ハットリくん制作で協業(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン