• 印刷する

相乗りアプリ「ライド」、自家用車配車に参入

シンガポールの自動車相乗りアプリ「ライド(Ryde)」を運営するライド・テクノロジーズは3月28日、自家用車の配車サービス「ライドX」の提供を近く開始すると発表した。

同社はこれまで、同じ学校に子どもを送迎する人をマッチングする相乗りサービス「ライドスクール」、ペット可の車両を配車する「ライドペット」を提供。昨年には、地場コンフォートデルグロのタクシーを配車するサービスも開始していた。アプリ利用者数はすでにシンガポールだけで30万人以上に上る。

同社は運転手から受け取る手数料を運賃の10%に抑えることで、市場競争力を確保する考え。同業の地場グラブはこれを20~30%に設定しているという。ライドXを通じて営業する運転手の数は、タクシーと自家用車を合わせて5万5,000人余りになる見込み。

ライド・テクノロジーズのテレンス・ゾウ最高経営責任者(CEO)によると、先にグラブが米ウーバー・テクノロジーズの東南アジア事業を買収すると発表してから、ライドのアプリに新規登録する運転手の数は一気に増加しているという。

ライドはシンガポールのほか、香港でもサービスを提供している。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新居への引っ越しを機に…(11/19)

千葉・三重知事が県産品をPR 農産物出荷拡大、かき輸出目指す(11/19)

10月輸出は8%増、前月から伸び横ばい(11/19)

米国と連携強化、インフラやサイバー防衛で(11/19)

宝印刷、地場の翻訳通訳会社を買収(11/19)

東京センチュリー、新会社設立(11/19)

グラブ、来年初めにも海外送金サービス開始(11/19)

株価続伸、セムコープは2.3%高(11/19)

シンガ高級米メーカー、首都で精米所建設へ(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン