外貨建て融資残高、17年末は2.5%増

フィリピン中央銀行は3月28日、銀行の外貨勘定(FCDU)による貸付残高が、2017年12月末時点で9月末から2.5%増の153億7,400万米ドル(約1兆6,340億円)だったと発表した。16年末時点からは28億6,400万米ドル増加した。 残高の内訳をみると、返済期間が1年を超える中・長期…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

現代自動車の18年販売、6%減の3.5万台(19:06)

SMのマニラ湾埋め立て、環境改善で頓挫も(19:05)

マカティ市に1千人収容の寮、SMが建設(19:05)

テイクオフ:日曜夜のオフィス、外の…(01/22)

鉄道2案件に1兆円支援へ 南北鉄道延伸、円借款第1弾契約(01/22)

PAL、サングレー空港の開発促進を要望(01/22)

比に日本の革新的技術を、4社が事例紹介(01/22)

ITシステム強化など10項目の改革、関税局(01/22)

21日為替:$1=52.800ペソ(↓)(01/22)

不動産センチュリー、クラーク開発に参画へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン