競争委、グラブのウーバー事業統合に「待った」

シンガポール競争委員会(CCS)は3月30日、配車アプリの開発・運営を手掛ける地場グラブによる米ウーバー・テクノロジーズの東南アジア事業の買収が競争法に抵触する疑いがあるとして、市場競争を担保するための暫定措置を両社に提案した。調査が完了するまでそれぞれ独立した価格体系やサービス内容を維持するよう求めている。

グラブは先に、ウーバーがシンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、ミャンマー、カンボジアの8カ国で展開する事業を譲り受けると発表。ウーバーは代わりにグラブの株式27.5%を手にする。

これを受け、各国ではグラブが配車サービス市場で独占的な地位を築くとの懸念が浮上している。CCSも独自に調査を開始していたが、今回「競争法に抵触する恐れがあると判断する十分な根拠がある」とコメント。調査はまだ完了していないとした上で、当面は従来の形でのサービス継続を求めるほか、顧客や運転手、運賃設定などに関する互いの機密情報を入手しないよう要請した。

グラブは4月8日から自社とウーバーのサービスを統合するとしているが、これに「待った」をかけた格好だ。CCSがこうした暫定措置を提案するのは、2005年の設立以来初めて。

グラブとウーバーは今回の暫定措置に異議を申し立てることができる。グラブは遅くとも16日までにCCSに対して立場を表明する方針だ。


関連国・地域: シンガポール米国
関連業種: IT・通信運輸・倉庫政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:サッカーのワールドカッ…(06/21)

18年の予測昇給率は3.3% JCCI説明会、雇用法改正も解説(06/21)

車両購入権価格、商用車除き値下がり(06/21)

訪日シンガポール人、5月は15%増加(06/21)

シンガにマンゴー輸出停止、商標権侵害で(06/21)

中小企業の景況感堅調、貿易摩擦など懸念も(06/21)

ペイナウ、8月から法人でも利用可能(06/21)

株価6日ぶり反発、UOB銀は0.5%高(06/21)

LCCスクート、ベルリン直行便を就航(06/21)

EC蝦皮が6億ドルの転換社債、台湾投資強化(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン