魚も味つくる時代に、資源枯渇が深刻化

【共同】太平洋クロマグロ漁が罰則付き法規制の対象に追加されるなど一部魚種の枯渇が深刻化する中、養殖に期待が高まっている。近畿大教授の有路昌彦さんは自ら養殖加工企業を営み「におわないブリ」を開発、市場でも注目される研究者だ。農業や畜産業と同様、漁業も「つくる時代…

関連国・地域: 日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

【スタートアップの挑戦】ラッピングカーで副収入 登録車増加、配車アプリ普及で(06/22)

現マニラ空港は閉鎖も視野に トゥガデ運輸相、民間空港稼働後(06/22)

関西ペイント合弁に融資 みずほ、イスラム式で1千万ドル(06/22)

現代自がアウディと提携 FCVの開発加速、特許を共有(06/22)

テイクオフ:訪れた各地で地元の人に…(06/22)

産業回廊整備、着実に前進 開発公社は日系の早期投資期待(06/22)

イオン購買、越から2百億円 アパレルは中国からシフト(06/22)

カシオ、腕時計GーSHOCKの新製品発売(06/22)

日東電工、海水淡水化施設の逆浸透膜を受注(06/22)

インフラ2案件の円借款通達、総額425億円(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン