魚も味つくる時代に、資源枯渇が深刻化

【共同】太平洋クロマグロ漁が罰則付き法規制の対象に追加されるなど一部魚種の枯渇が深刻化する中、養殖に期待が高まっている。近畿大教授の有路昌彦さんは自ら養殖加工企業を営み「におわないブリ」を開発、市場でも注目される研究者だ。農業や畜産業と同様、漁業も「つくる時代…

関連国・地域: 日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

障害者の雇用理解に手引き 日本のNPOなど、企業向けに(01/21)

日本電産が一転減益に、米中貿易摩擦で下方修正(01/21)

三菱自、19年販売は倍増狙う 人材と設備の強化で好調堅持(01/21)

エバー愛媛就航で商機をつかめ 中村知事PR、スゴ技企業も訪台(01/21)

19年の日系昇給率4.1%予測 業務効率化が急務に=NNA調査(01/21)

日産が米工場で人員削減へ、最大700人(01/21)

日印共同で第三国に挑む アフリカに照準、サミットで表明(01/21)

JAいわて中央、HCM市でリンゴの販促(01/21)

国際紙パルプ商事、豪企を買収 豪NZでの地位確立狙う(01/21)

日産がタイでEV生産へ、海外で初(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン