三菱マが子会社で隠蔽指示、社長は報酬返上

【共同】三菱マテリアルは28日、製品データの改ざん問題を巡るグループ全体の最終報告書を発表した。不正は昨年までの社内調査で発覚したが、子会社の前社長が資料の隠蔽を指示し、製品の出荷を続けた。改ざんは1977年ごろからあった可能性があるという。三菱マテリアルの竹内章社…

関連国・地域: 日本
関連業種: 鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールの地元紙に…(06/25)

【書籍ランキング】6月7日~6月13日(06/25)

大和ハウスと大成建設、住宅兼ホテル開業へ(06/25)

テイクオフ:現在話題のヘアドネーシ…(06/25)

電子・プラごみの輸入制限へ 手続き見直し検討、日本に打撃も(06/25)

日中韓が政府開発援助拡大 インフラ開発、今年は10案件着工(06/25)

スバルが再発防止を説明、データ改ざん問題で(06/25)

照明市場、LEDが7割に パナ傘下、4年でシェア6%狙う(06/25)

ヒノキヤ、HCM市で住宅開発(06/25)

一風堂、タイ初のバー併設店を開業(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン