三菱マが子会社で隠蔽指示、社長は報酬返上

【共同】三菱マテリアルは28日、製品データの改ざん問題を巡るグループ全体の最終報告書を発表した。不正は昨年までの社内調査で発覚したが、子会社の前社長が資料の隠蔽を指示し、製品の出荷を続けた。改ざんは1977年ごろからあった可能性があるという。三菱マテリアルの竹内章社…

関連国・地域: 日本
関連業種: 鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本ではタワーマンショ…(12/17)

日本支援の多目的港が完成 ティラワ、貨物増で今後も拡張(12/17)

日本法務総研、ラオス司法研と協力覚書(12/17)

【書籍ランキング】11月29日~12月5日(12/17)

パナソニックが住設事業を強化 台湾で30年に売上高8.4億元目標(12/17)

テクノプロ、海外展開を加速 ヘリウス買収などで相乗効果期待(12/17)

日本郵便、国際eパケライトの取扱国拡大(12/17)

中国3社の出資受け入れへ、JDI(12/17)

シャトレーゼがハノイに1号店、元日に開店(12/17)

【改革開放40年】(2)世界の工場 相次ぐ進出、加速する成長(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン