国営鉱山、EV用ニッケル電池生産を検討

インドネシア国営鉱山アネカ・タンバン(アンタム)は、低品位ニッケル鉱を原料に用いた電気自動車(EV)用ニッケル水素電池を生産することを検討している。韓国製鉄大手ポスコと、合弁企業を設立する可能性もある。3月29日付ビスニス・インドネシアが伝えた。 アンタムのアリ…

関連国・地域: 韓国インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:夜中に目が覚めた。コン…(10/22)

銀行の海外支店開設は低調 世界経済に不透明感、国内に注力(10/22)

地場ビントラコ、ベンツ商用車販売へ(10/22)

重機生産台数、1~9月は42%増(10/22)

首都の違法屋外広告取り締まり、強制撤去も(10/22)

ロッテ建設、HCM市でニュータウン開発(10/22)

マツダ、MX―5の新モデル発表(10/22)

EVに関する大統領令、産業省が草案を提出(10/22)

水先案内JAI、水先船の保守事業に参入へ(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン