1Q成長率7.4%、10年で最高 輸出が牽引で通年は7%台視野

ベトナム統計総局(GSO)が29日に発表した2018年第1四半期(1~3月)の国内総生産(GDP)実質成長率は前年同期比7.38%となり、第1四半期の成長率としては過去10年で最大となった。外需に支えられて輸出が成長をけん引し、通年では7%台の経済成長も視野に入ってきた。…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 経済一般・統計


その他記事

すべての文頭を開く

病院でAIなど活用の動き HCM市5区でロボット利用開始(06/21)

1~5月の航空旅客、15%増の4330万人(06/21)

家電の海外売上高6割に、パナの22年度目標(06/21)

南部の新コンテナターミナル、供用開始(06/21)

国産タイヤの輸出額、17年は9.2億ドル(06/21)

南部のパルプ工場、3回入札で買い手なし(06/21)

繊維業の技能実習で指針、発注側に確認要請(06/21)

PVガスの上半期利益、通年計画の8割に(06/21)

鉄鋼輸入、1~5月は570万トン(06/21)

保険IAG、アジア3社を東京海上に売却(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン