スバル不正は組織ぐるみか、燃費改ざん

【共同】SUBARU(スバル)で発覚した燃費データの改ざんを巡り、複数の従業員が関与し組織的に不正が行われていた可能性が強いことが27日、関係者への取材で分かった。これまで組織ぐるみの不正を否定していた。同社は車両の性能などへの影響を調べるが、リコール(無料の回…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

ソフトバンク、中国企業向けファンド設立(12:45)

テイクオフ:「どこから来たんだい」…(09/20)

介護実習生派遣を正式通達 日本への送り出し、実現近づく(09/20)

17年の結核患者1千万人、30年終息遠い=WHO(09/20)

旬の日系ブランド多数出店 誠品の新店、“国際派”で勝負(09/20)

8月新規車両登録は25%減 現代自が前年同月比2倍超(09/20)

大麻成分入り飲料に関心、米コカ・コーラ(09/20)

インド製炊飯器を日本へ輸出 パナ、30年で累計生産1000万台(09/20)

【この人に聞く】成長と安定から中進国入りへ JICA、援助戦略をさらに発展(09/20)

海外税当局、「徴収共助」強化 在豪NZの日本人に脅威も(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン