スバル不正は組織ぐるみか、燃費改ざん

【共同】SUBARU(スバル)で発覚した燃費データの改ざんを巡り、複数の従業員が関与し組織的に不正が行われていた可能性が強いことが27日、関係者への取材で分かった。これまで組織ぐるみの不正を否定していた。同社は車両の性能などへの影響を調べるが、リコール(無料の回…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

吉本興業、ミャンマーに「住みます芸人」(20:47)

テイクオフ:シンガポールの地元紙に…(06/25)

【書籍ランキング】6月7日~6月13日(06/25)

大和ハウスと大成建設、住宅兼ホテル開業へ(06/25)

テイクオフ:現在話題のヘアドネーシ…(06/25)

電子・プラごみの輸入制限へ 手続き見直し検討、日本に打撃も(06/25)

日中韓が政府開発援助拡大 インフラ開発、今年は10案件着工(06/25)

スバルが再発防止を説明、データ改ざん問題で(06/25)

照明市場、LEDが7割に パナ傘下、4年でシェア6%狙う(06/25)

ヒノキヤ、HCM市で住宅開発(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン