原料輸入額の対GDP比、35年までに20%へ

インドネシア産業省は上流産業の原料輸入を段階的に縮小する方針だ。2035年までに国内総生産(GDP)比で20%まで引き下げることを目標とし、19年は同29.8%を目指す。28日付インベストール・デイリーが伝えた。 産業省によると、昨年の原料輸入の対GDP比は36.1%に上る。国…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 経済一般・統計政治


その他記事

すべての文頭を開く

【予定】18日 5月貿易統計ほか(06/18)

【訃報】野田正男氏(元ノダ社長)(06/18)

【アジア三面記事】次こそパパのキスを阻止(06/15)

【予定】15日 日銀総裁会見ほか(06/15)

【訃報】石井善昭氏(元NEC副社長)ほか(06/15)

【予定】14日 金融政策決定会合ほか(06/14)

NNAインドネシアセミナー、法務など解説(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン