原料輸入額の対GDP比、35年までに20%へ

インドネシア産業省は上流産業の原料輸入を段階的に縮小する方針だ。2035年までに国内総生産(GDP)比で20%まで引き下げることを目標とし、19年は同29.8%を目指す。28日付インベストール・デイリーが伝えた。 産業省によると、昨年の原料輸入の対GDP比は36.1%に上る。国…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

金融広告の表現、監督庁が指針導入(12:59)

北スラウェシの地熱発電に中国が関心(14:08)

テイクオフ:先週の土曜日、ジャカル…(03/21)

【EV化に挑む】産業集積化の勝機 公共車両が鍵に、業界団体会長(03/21)

首都で鉄道展開幕、22日まで 公共交通の発展で周辺事業に焦点(03/21)

東海電子、飲酒検知器の市場参入機会探る(03/21)

24日から大統領選のキャンペーンが解禁(03/21)

ジョコ大統領の支持率49%に、コンパス紙(03/21)

西ジャワ新空港、2都市結ぶ鉄道敷設へ(03/21)

ライオン・パーセル、宅配に鉄道利用促進(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン