原料輸入額の対GDP比、35年までに20%へ

インドネシア産業省は上流産業の原料輸入を段階的に縮小する方針だ。2035年までに国内総生産(GDP)比で20%まで引き下げることを目標とし、19年は同29.8%を目指す。28日付インベストール・デイリーが伝えた。 産業省によると、昨年の原料輸入の対GDP比は36.1%に上る。国…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:年の瀬といえば大掃除。…(12/10)

中国からiPhone組み立て移管 台湾大手がバタムに、誘致推進へ(12/10)

ジャワ1ガス火力発電所、月内着工へ(12/10)

ルミネ1号店がオープン、海外2店舗目(12/10)

世界トップ5経済大国へ、日本イ政策提言(12/10)

ロッテ、インドネシアを石化拠点に(12/10)

ロッテケミ、チレゴンに石化施設を着工(12/10)

電動二輪「フィアル」、首都でレンタル開始(12/10)

エネ鉱省、バイオ燃料精製でCPO消費拡大へ(12/10)

インダストリー4.0、産業界は法整備を要求(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン