• 印刷する

17年12月の賃金指数、実質で2.1%上昇

香港政府統計処が発表した賃金統計によると、2017年12月の平均賃金の指標となる賃金指数は名目で前年同月比3.8%の上昇となった。物価上昇分を考慮した実質ベースでは2.1%の上昇で、上昇率は前回発表の17年9月に比べて0.1ポイント縮小した。

実質賃金指数は対象8業種全てが上昇した。ただ、上昇率は6業種で9月から縮小した。上昇幅が最も大きかったのはホテル・外食サービスの3.0%。以下、◇専門・ビジネスサービス:2.9%◇不動産賃貸・管理:2.8%◇個人サービス:2.3%◇製造:2.2%◇金融・保険:1.9%◇貿易・卸小売:1.3%◇運輸:1.1%――だった。

調査対象となった全体の約67%の企業が「平均賃金が前年同月に比べ上昇した」と答えた。「下落した」との回答は約28%で、「横ばい」は約5%だった。

昨年第4四半期(10~12月)は、残業手当や変動賞与などの収入も含めた給与指数が名目で4.2%、実質で2.6%それぞれ上昇した。実質は前四半期(7~9月)から1.1ポイント拡大した。

政府報道官は、景気が良く、労働需給が逼迫(ひっぱく)したため、昨年12月は賃金指数が名目と実質の両方で上昇を維持したと指摘。また、昨年5月に最低賃金が引き上げられたことを受け、低所得層の賃金の上昇率が引き続き拡大していると述べた。


関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

大橋開通で複数業種に恩恵 物流や観光など、専門家指摘(10/19)

中国科学院、香港に出先機関設置へ(10/19)

世界競争力報告、香港は7位に(10/19)

TNG、インドネシア同業を買収(10/19)

小反落、石油関連に売り=香港株式(10/19)

中石化、香港に初の無人コンビニ出店(10/19)

旺角T.O.P、テクノロジー活用で集客(10/19)

上水の薬局に打撃、運び屋対策強化などで(10/19)

有料自習室の利用者増加、学生も呼び込み(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン