• 印刷する

グラブのウーバー事業買収、独占懸念の声

配車アプリの開発・運営を手掛けるシンガポールのグラブが米同業ウーバー・テクノロジーズの東南アジア事業を買収すると発表したことを受け、利用者やドライバーからグラブの市場独占を懸念する声が出ている。28日付マレーシアン・リザーブとビジネス・タイムズが伝えた。

グラブのドライバーを副業とする男性は、「グラブには旨みのある事業買収だが、グラブ、ウーバー双方の利用者とドライバーには大きな損失になる」と語る。男性は競合がなくなることで、運営会社がドライバーに支払う料金の取り分を低く抑えることを懸念する。グラブとウーバーはこれまで、ドライバーにインセンティブを与えることで、相互に発展してきたという。

利用者側の反応は、事業買収の発表後に会員制交流サイト(SNS)上で溢れかえった。ツイッターの利用者は、「利用者が料金の高いタクシーよりもグラブを選ぶことは分かりきっている」と、市場独占による料金高騰を懸念する。値引き用のプロモーションコードが削減されるとの見方もあった。

■料金高騰なら法的措置も=政府

市民の声に呼応したかのように、ナンシー・シュクリ首相府相は、「グラブとウーバーの合併で料金が上がった場合、政府は対応を取ることができる」と発言した。独占を禁止する法律のもと、法的措置を講じるとしている。

グラブは、今後2週間程度はウーバーのアプリを稼働させるとしており、ドライバーなどにグラブに移行するよう呼び掛けている。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

ネスレ、世界最大の「ミロ」工場などに投資(16:00)

ペトロナス小売り部門、設備投資5億リンギ(15:59)

世銀予測、19年は4.7%成長 不確実性と石油依存の財政を懸念(04/26)

RM=27.0円、$=4.13RM(25日)(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

マ航空、学割プランでデジタル3社と提携(04/26)

ホンダ、アコードのエアバッグ無償交換(04/26)

浄水場の工事完了、首都圏の水供給回復へ(04/26)

トロピカーナ、4社と共同開発で合意(04/26)

SPセティア、持ち家支援システムを導入(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン