• 印刷する

テイクオフ:オフィス引っ越しの際、…

オフィス引っ越しの際、部屋に合うサイズのテーブルが見当たらず、仕方なく自分で作ることにした。ハードウエア店で板と脚を買い、板をノコギリで切り、やすりをかけ、ニスを重ね塗りして仕上げる。その制作過程で思ったのは、オーストラリアには日本の「かんな」がないことだ。

否、あるにはある。かんなは「Plane」と言うらしいが、自動車模型のようなその器具は何か全く別物のようで、使い勝手がやや違う。ひと擦りすれば一筋の木片が舞う、あの四角い木製かんなが恋しくなり、日本の通販サイトで調べると、垂涎のかんなはたくさんある。日本刀の鍛冶職人と同じ伝統技術が詰まっているのだろう。

オーストラリアに限らず、海外の住宅を見ていて痛感するのは、外観が豪華でも、屋内の細部の作りが雑なことだ。日本のかんなが使われていないからかもな、と独りごつ。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:わが家の食器洗浄機が故…(01/23)

テルストラが4年連続1位 豪ブランド価値ランキング(01/23)

富士通、豪国防省デスクトップサービス受注(01/23)

豪CEOの25%、19年は景気悪化を予想(01/23)

IMFの世界経済減速予測、豪財相が懸念(01/23)

王立委と銀行の係争、長期化か=ASIC(01/23)

年金の運用実績最低50社、銀行系に集中(01/23)

富豪パーマー氏、資源企を豪からNZに移転(01/23)

BHP、WA州で生産賦課金過少支払い(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン