27日指数は続伸、リスク選好戻り買い優勢に

27日の台湾株式市場で加権指数は続伸。終値は前日比146.74ポイント(1.35%)上昇し10,986.79ポイント、売買代金は1,296億7,600万台湾元(約4,690億円)だった。 知的財産権の侵害を理由に、中国製品への追加関税措置を表明した米トランプ政権に対し、中国側も対抗措置を発表する…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

宝成の従業員4人を逮捕、越工場ストで(12:50)

アマタ大学、台湾大学と科学修士課程を開設(13:56)

テイクオフ:ストローがないなら、ス…(06/20)

東電PGが再生可能エネ支援 成功大と提携、モデル区開発に参画(06/20)

山村硝子、砂輪と合弁でレンズ生産(06/20)

17年の受動部品輸出額、03年以来最高(06/20)

京東方が駆動ICを現地調達か、台湾企業に打撃(06/20)

iPhone新モデル、サプライヤー3Q以降好況も(06/20)

台湾ゴム材メーカー、印西部に工場設置計画(06/20)

金仁宝集団董事長、「グループ成長率20%も」(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン