• 印刷する

エアプサン、釜山―名古屋路線を新規就航

韓国アシアナ航空傘下の格安航空会社(LCC)エアプサンは6月21日から、釜山―名古屋路線を新規就航する。毎日1往復する。エアプサンの日本便は9路線目となる。韓国各紙が伝えた。

南部・釜山の金海国際空港を午前8時半頃に出発。名古屋出発は午前10時45分となる。

エアプサンは、訪日韓国人の拡大を受けて、日本路線を増便している。2010年釜山―福岡路線の就航を皮切りに、大阪、東京、札幌路線を新設。2016年からは大邱行きの日本路線も就航した。エアプサンは、現在、計8つの日本路線を1日16便、週112便運航している。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 運輸観光メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

JW中外製薬、血友病A治療薬を近く発売(16:52)

海外でのオンライン販売拡大、現代自(16:53)

サムスンのバイオ医薬品、米当局が販売承認(16:53)

生鮮食品の早朝配送、クーパンが全国に拡大(17:11)

テイクオフ:南北合同チーム「コリア…(01/21)

燃料電池車を620万台生産 2040年まで、水素経済実現目指す(01/21)

不二越に賠償判決、挺身隊動員でソウル高裁(01/21)

23日に日韓外相会談、徴用工訴訟の対応協議か(01/21)

三菱重工に協議申し入れ、原告の元徴用工(01/21)

18年ICT輸出が過去最高、伸び率は減速(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン