複合CT傘下、南タンゲランに大街区を建設

インドネシアの複合企業CTコープ傘下のトランス・プロパティー・インドネシアは、バンテン州南タンゲラン市ビンタロでスーパーブロック(大街区)「トランス・パーク・ビンタロ」を着工した。総工費は、2兆ルピア(約154億1,700万円)。27日付インベストール・デイリーが伝えた…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

統一地方選、27日に投票 野党が統一候補、大統領選占う(06/22)

【アジア三面記事】78歳の女性が妊娠か(06/22)

大統領選、現職はジャワ島で高支持率(06/22)

《インドネシア・ビジネス・セミナー》2019年大統領選とビジネス環境(06/22)

電気自動車の型式検査施設、官民協業で建設(06/22)

スマレコン、マカッサルに新興都市開発(06/22)

DIC、有機顔料の研究開発拠点を設置(06/22)

国内航空会社、レバラン休暇の搭乗率は9割(06/22)

首都空港第4ターミナル、20年に着工延期へ(06/22)

地場の全航空会社、EUへの乗り入れ可能に(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン