• 印刷する

テイクオフ:先日病院の待合室で、5…

先日病院の待合室で、5年前に家族でマレーシアに引っ越して来たという中国出身の年配の女性と話す機会があった。途中で女性の携帯が鳴り、ハンドバッグから取り出したのは華為技術(ファーウェイ)のスマートフォンだった。電話を終えた女性は、「ファーウェイは中国の誇りよ!」と話す。

女性との会話は続き、中国社会の話になった。大国としての存在感を発揮する中国だが、建国から改革に改革を重ねた結果、人や道徳にまで「改革」が及んだという。女性は「昔の人に比べて、今の中国人には道徳と呼べるものが少ない。人と話す時も、大きな声を出すべきではないのに……」と付け加えた。

こちらの診察の順番が来て女性に別れを告げた。診察から戻ると女性の姿はなかったが、中国人がマレーシアの地から見る中国社会。忘れられない体験になった。(て)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ECRL交渉、中国高官がマレーシア訪問へ(02/22)

パンダ債発行で中国と交渉中=財務相(02/22)

1月の新車販売、SUVが7割増 プロトンが2位のホンダに肉薄(02/22)

NLCCN、ハラル物流で地場と覚書(02/22)

RM=27.1円、$=4.07RM(21日)(02/22)

ホンダ、ジャズなど2車種で限定モデル発売(02/22)

サクラファインテック、地域拠点開設(02/22)

NTT、豪メガポートとクラウドで戦略提携(02/22)

東海岸鉄道事業、中国側は費用削減を提案(02/22)

グラブ、政府の業界規制混乱にいらだち(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン