• 印刷する

総選挙は予定通り実施、首相が明言

カンボジアのフン・セン首相は26日、総選挙を予定通り7月29日に実施すると明言した。解党された最大野党・救国党の国政復帰を求め、国際社会の圧力が強まっているが、意に介していないようだ。クメール・タイムズ(電子版)が27日に伝えた。

フン・セン首相は国道5号線着工式に出席した際の演説で、カンボジア国民は複数政党が参加する民主主義の下で投票を行う必要があると説明。「今年2月の上院選と同じく、7月の総選挙も予定通り実施する」と述べた。政治情勢によって選挙日程が延期や中止に追い込まれる他国のようなことはないとも強調した。

救国党は2017年11月、党ぐるみで国家反逆を企てたとして解党に追い込まれた。その後、欧米は国家選挙管理委員会への支援を停止した。一方、日本や中国、ロシアなどは支援を継続している。

欧米はカンボジア政府に対し、救国党の国政復帰を要求している。今月23日には45カ国が同様の措置を求める声明を出した。


関連国・地域: 中国韓国カンボジア日本ロシア米国欧州
関連業種: 政治

その他記事

すべての文頭を開く

貿易・人権で国際機関と連携 首相が姿勢強調、EU制裁にらみ(10/24)

縫製協会、EUが制裁着手も「楽観」(10/24)

ムーディーズ、EU制裁なら格付け引下げも(10/24)

ポイペトに新空港、投資額5千万ドル(10/24)

エネルギーの効率使用を、環境相が訴え(10/24)

地場と台湾合弁、タクマオで住宅開発(10/24)

対トルコ貿易10億ドル目標、投資促進も(10/24)

EUの制裁検討に強硬姿勢 国際協力相、ASEMで反発(10/23)

携帯スマートの経済貢献拡大 17年は3.4億ドル、納税額は最大(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン