国衛院と科技部の抗がん剤、23年にも市販

台湾の科技部(科学技術省)と国家衛生研究院(国衛院)生技与薬物研究所は26日、共同開発した肺がんの新薬「DBPR112」について、安全性を確認する第1期臨床試験(フェーズ1)を完了したと発表した。今後は製薬会社と提携して引き続き臨床試験を行い、5年後をめどに発売した…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台北からプユマ号に乗っ…(10/24)

運転士、事故前にATP切る 地裁が発表、東部幹線きょう復旧(10/24)

9月のスマホ販売台数、前月比4.6%増(10/24)

メモリーの旺宏、142億元の設備投資を決議(10/24)

義隆電子、新たなTDDIを年内に量産(10/24)

達方、電子部品の詠業科技買収でMLCC強化へ(10/24)

新薬開発の台睿が米子会社設立、海外初拠点(10/24)

台湾富士ゼロックス、組合がスト決行(10/24)

9月の商業統計、3業種ともプラス成長(10/24)

全家が製パン世界王者とコラボ、きょう発売(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン