バイオ医薬品アスラン、米ナスダックに上場へ

シンガポールのバイオ医薬品企業アスラン・ファーマシューティカルズは27日、米ナスダック市場に上場する計画を公表した。米証券取引委員会(SEC)に新規株式公開(IPO)の届出書を提出したという。

アスランはナスダックに米国預託株式(ADS)を上場する。公開価格のレンジはまだ決定していない。

同社は2010年の創業。海外の製薬大手から臨床試験の前段階または初期段階でライセンスを取得する形で、胃がんや乳がん、胆道がんなどの治療薬の開発を手掛ける。17年には台湾の店頭市場に当たる櫃台(グレタイ)市場でIPOを実施しており、米国と台湾で二重上場する形となる。


関連国・地域: 台湾シンガポール米国
関連業種: 医療・薬品化学・石化金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールの地元紙に…(06/25)

デジタル関連事業の拡大推進 シングテル、全売上高の24%に(06/25)

日系の水産新興企業ウミトロン、9億円調達(06/25)

ジェイHD、地場企業からシステム開発受注(06/25)

スーパーインターネット、豪企業が買収(06/25)

繁華街に若者限定の共用オフィスが開業(06/25)

ハンズフリー改札機、MRT4駅で試験運用(06/25)

プラズマで靴底を接着、東南アで技術PR(06/25)

安全航海の研究所、ポリテクニック内に開設(06/25)

アスコット、中国で2軒のサービス住宅開業(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン