• 印刷する

バイオ医薬品アスラン、米ナスダックに上場へ

シンガポールのバイオ医薬品企業アスラン・ファーマシューティカルズは27日、米ナスダック市場に上場する計画を公表した。米証券取引委員会(SEC)に新規株式公開(IPO)の届出書を提出したという。

アスランはナスダックに米国預託株式(ADS)を上場する。公開価格のレンジはまだ決定していない。

同社は2010年の創業。海外の製薬大手から臨床試験の前段階または初期段階でライセンスを取得する形で、胃がんや乳がん、胆道がんなどの治療薬の開発を手掛ける。17年には台湾の店頭市場に当たる櫃台(グレタイ)市場でIPOを実施しており、米国と台湾で二重上場する形となる。


関連国・地域: 台湾シンガポール米国
関連業種: 医療・医薬品化学金融

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新居への引っ越しを機に…(11/19)

千葉・三重知事が県産品をPR 農産物出荷拡大、かき輸出目指す(11/19)

10月輸出は8%増、前月から伸び横ばい(11/19)

米国と連携強化、インフラやサイバー防衛で(11/19)

宝印刷、地場の翻訳通訳会社を買収(11/19)

東京センチュリー、新会社設立(11/19)

グラブ、来年初めにも海外送金サービス開始(11/19)

株価続伸、セムコープは2.3%高(11/19)

シンガ高級米メーカー、首都で精米所建設へ(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン