車両番号認識システム、主要道路で試験導入

シンガポールの陸上交通庁(LTA)は26日、次世代型の道路交通管理システムを試験導入すると発表した。同日から来年にかけて、高速道路や主要幹線道路沿いで自動ナンバープレート認識(ANPR)システムと狭域通信(DSRC)システムを運用。実際の道路交通環境下での技術の有用性、信頼性を確かめる。

両システムの導入に当たって大規模なインフラ投資は必要なく、既存の道路インフラに設備を据え付けるだけで済むという。設置場所はアヤラジャ高速道路(AYE)、マリーナ湾岸高速道路(MCE)、中央高速道路(CTE)、タンピネス高速道路(TPE)、ニコル・ハイウエーにある歩道橋、ガントリー(道路をまたぐ門)、街灯など。

また4月からは西部トゥアス・サウスなどの地区限定で使用される車両に、試験用の車載機器を搭載。追って全国に拡大していく計画だ。

ANPRやDSRCは、LTAが2020年までの導入を目指す次世代型の自動料金徴収システム(ERP)への活用が見込まれている。LTAは16年、三菱重工業傘下の三菱重工エンジンシステム・アジア(MHIES―A)と国内通信最大手シンガポール・テレコム(シングテル)の情報通信子会社NCSから成るコンソーシアム(企業連合)に、新型ERPの開発を発注。両社は、全地球衛星測位システム(GNSS)技術を利用したERPを開発する計画だ。これにより、現在のように課金地点にゲートを設置する必要がなくなり、交通渋滞の解消につながると期待されている。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信運輸・倉庫政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:サッカーのワールドカッ…(06/21)

18年の予測昇給率は3.3% JCCI説明会、雇用法改正も解説(06/21)

車両購入権価格、商用車除き値下がり(06/21)

訪日シンガポール人、5月は15%増加(06/21)

シンガにマンゴー輸出停止、商標権侵害で(06/21)

中小企業の景況感堅調、貿易摩擦など懸念も(06/21)

ペイナウ、8月から法人でも利用可能(06/21)

株価6日ぶり反発、UOB銀は0.5%高(06/21)

LCCスクート、ベルリン直行便を就航(06/21)

EC蝦皮が6億ドルの転換社債、台湾投資強化(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン