中国の山東如意、NSWリデル発電所に食指

オーストラリアの綿花最大手カビー・ステーションを傘下に収める中国の繊維大手、山東如意科技集団が、ニューサウスウェールズ(NSW)州のリデル石炭火力発電所の買収に関心を示している。リデル発電所は稼働年数が45年を迎え、AGLエナジーが2022年に閉鎖を予定している。27…

関連国・地域: 中国オーストラリア
関連業種: 繊維天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オージーの友人と週末に…(09/20)

海外税当局、「徴収共助」強化 在豪NZの日本人に脅威も(09/20)

国税局の満足度が低下、中小企の不満などで(09/20)

製薬企、豪で13~15年に年間2億$課税逃れ(09/20)

米中貿易摩擦、豪経済に脅威=RBA(09/20)

通信TPG、合併無理でも5G入札意向(09/20)

保険IAG、自動車ディーラーに奨励金(09/20)

サントスのガス開発、NSW政府の懸念残る(09/20)

賃金上昇率の低迷、IT導入の不均衡も影響(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン