• 印刷する

テイクオフ:海外で名前を尋ねられ、…

海外で名前を尋ねられ、実名を答える必要がない時「スズキ」と名乗っている。例えば、コーヒーショップで、商品を他の客と間違わないように名前を聞かれる場合などだ。実名を答えると、まず間違いなく聞き返され、スペルを尋ねられ、最終的に異なる名前で呼ばれるということがこれまで何度もあった。

スズキならば、まず聞き返されることも、スペルを尋ねられることもない。特にその効果はインドでは絶大だ。自動車最大手「マルチ・スズキ」の絶大なブランド力があるからだ。おそらく、スズキはインドで最も知られている日本人の苗字だろう。

そのスズキが養鶏事業でイセ食品と提携した。「スズキがなぜ卵?」とも思えるが、財閥タタ・グループなどは手広く事業を展開しており、当地では違和感なく受け入れられるのだろう。存外、スズキのブランド力を発揮する好機かもしれない。(須)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

鉄鋼大手、1Qは増収増益 輸出減少も国内需要が拡大(08/17)

〔寄り道〕「インドと中国の2大国に挟まれ…(08/17)

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

人気SUV車種の販売失速、ビターラなど(08/17)

二輪車TVS、フィリピンで新モデルを発売(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

スクーターレンタルのボゴ、事業拡大へ資金(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

不振のジェットエア、関連会社の売却を検討(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン