• 印刷する

テイクオフ:海外で名前を尋ねられ、…

海外で名前を尋ねられ、実名を答える必要がない時「スズキ」と名乗っている。例えば、コーヒーショップで、商品を他の客と間違わないように名前を聞かれる場合などだ。実名を答えると、まず間違いなく聞き返され、スペルを尋ねられ、最終的に異なる名前で呼ばれるということがこれまで何度もあった。

スズキならば、まず聞き返されることも、スペルを尋ねられることもない。特にその効果はインドでは絶大だ。自動車最大手「マルチ・スズキ」の絶大なブランド力があるからだ。おそらく、スズキはインドで最も知られている日本人の苗字だろう。

そのスズキが養鶏事業でイセ食品と提携した。「スズキがなぜ卵?」とも思えるが、財閥タタ・グループなどは手広く事業を展開しており、当地では違和感なく受け入れられるのだろう。存外、スズキのブランド力を発揮する好機かもしれない。(須)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドでは英語がステー…(01/21)

日印共同で第三国に挑む アフリカに照準、サミットで表明(01/21)

アフリカとの貿易額、昨年度は22%増(01/21)

西部州投資サミット、確約額は4兆ルピー超(01/21)

アダニと独BASF、化学原料の合弁設立へ(01/21)

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

スズキが西部州で第2工場、スイフト生産(01/21)

トヨタ、新型カムリHVを発売(01/21)

独VW、プネで新技術センターを開所(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン