• 印刷する

豪政府、地下経済対策で租税特赦か

オーストラリア連邦政府が、年間320億豪ドル(約2兆5,900億円)規模の地下経済への対策として、隠し所得などを自主的に申告することで追徴課税を軽減するタックス・アムネスティ(租税特赦)を実施する可能性が指摘されている。26日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

連邦政府は先に、国内の地下経済の実態を調査するタスクフォース(作業部会)を設置。すでに最終報告書がまとめられており、情報筋によると、5月の予算案発表に合わせて対策が示されるとみられる。

租税特赦を設ける案では、事業主は過去に申告していなかった所得や資産について一定の期間内に届け出た場合、適用される罰則が軽減される。ただし、同期間後に隠し所得や資産が明らかになった場合には、より重い罰則が科される。

オーストラリア国税局(ATO)は過去に、富裕層に対し、海外に蓄えている資産を自主申告するための租税特赦を実施。これまで海外の所得を申請していなかった場合でも、期間内に自主的に申告することで追徴課税を軽減するとし、総額で65億豪ドルの資産と6億7,600万豪ドルの申告漏れ所得が明らかにされた。ATOはこれにより、計2億6,000万豪ドルの税収入を得ている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:子どもが通う小学校が創…(01/18)

日清フーズ、豪同業買収有力か 中国企との一騎打ち(01/18)

今年のM&A取引、総選挙実施で低調予測(01/18)

産金業界大手の大型合併、豪で警戒感も(01/18)

ウッドサイド、スカボローLNG実現で投資(01/18)

NSW炭鉱で労使交渉妥結、港湾ではストへ(01/18)

新規再生エネ蓄電施設が稼働、投資増加も(01/18)

EV増加で充電施設の整備を=EV企(01/18)

豪証取委、自動車ローン取締りで調査実施中(01/18)

豪銀、英EU離脱懸念で独蘭に拠点移動計画(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン