• 印刷する

年給1億ルピー超のCEO、17年度は16%増

インドで給与が年間1億ルピー(約1億6,050万円)を超えている最高経営責任者(CEO)は2017年度は123名となり、前年度に比べて16%増加している。地元紙ライブミント(電子版)が伝えた。

現在インドでは、コーポレートガバナンスの観点から、会社の不正行為や適正な事業活動の維持などに対する監視が厳しくなりつつある。CEOの給与額があまりにも高額な場合、株主らから指摘を受ける可能性や、社員などから反発が生じる可能性もあるため、各社の指名・報酬委員会(NRC)は明確な測定基準による妥当な給与額を決定する必要がありそうだ。

インド企業のCEO最高給与額は15年度が年8億300万ルピー、16年度が7億1,500万ルピー、17年度は8億3,200万ルピーだった。


関連国・地域: インド
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先週金曜、ニューデリー…(08/21)

タイヤ大手は軒並み増益 需要堅調、各社が積極投資へ(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

トピー工業合弁、西部でホイールの生産開始(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

乗用車の輸出額、4~6月は米国が2位に(08/21)

【訃報】直野徳氏(元住友商事副社長)(08/21)

ボルボアイシャー、公共交通用EVに注力(08/21)

現代がインドでカーシェア、地場企業に出資(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン