年給1億ルピー超のCEO、17年度は16%増

インドで給与が年間1億ルピー(約1億6,050万円)を超えている最高経営責任者(CEO)は2017年度は123名となり、前年度に比べて16%増加している。地元紙ライブミント(電子版)が伝えた。

現在インドでは、コーポレートガバナンスの観点から、会社の不正行為や適正な事業活動の維持などに対する監視が厳しくなりつつある。CEOの給与額があまりにも高額な場合、株主らから指摘を受ける可能性や、社員などから反発が生じる可能性もあるため、各社の指名・報酬委員会(NRC)は明確な測定基準による妥当な給与額を決定する必要がありそうだ。

インド企業のCEO最高給与額は15年度が年8億300万ルピー、16年度が7億1,500万ルピー、17年度は8億3,200万ルピーだった。


関連国・地域: インド
関連業種: 経済一般・統計社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

鴻池運輸、鉄道輸送を強化 日系企業の需要取り込み狙う(05/25)

国鉄と公営4社、鉄道網増強などで覚書(05/25)

パソナ現法、中東・アフリカ向け人材を紹介(05/25)

タタ自、昨年度純益は21%増の899億ルピー(05/25)

車部品マザーサン、昨年度は25%増益(05/25)

蘭アクゾノーベル、生産増強に400万ユーロ(05/25)

鉄鋼公社とミタルの製鉄所、オディシャ候補(05/25)

都市ガスのMGL、20万世帯にガス管を敷設(05/25)

アクシアタ、印関連会社の合併が近く完了へ(05/25)

中小企業の破綻処理、株主の応札可能に(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン