CIMB、中国A株ファンド発売

マレーシア金融大手CIMB系の資産管理会社、CIMB―プリンシパル・アセット・マネジメントは、中国本土A株を対象とする株式投資信託「CIMB―プリンシパル・チャイナ・ダイレクト・オポチュニティー・ファンド」を設定したと発表した。当初は1億米ドル(約105億円)規模の募集を目指す。マレーメール(電子版)が伝えた。

新商品は、同社がマレーシア金融機関として初となる「人民元適格海外機関投資家(RQFII)」の認可を受けたことから設定された。これにより、同社は中国本土A株市場への直接投資が可能となった。

RQFII制度では、認可を受けた機関投資家はオフショアで調達した人民元資金を本土A株や債券などに投資できる。

ムニラ・カイルディン最高経営責任者(CEO)は「過去には中国人にしかアクセスできなかった未踏の世界にマレーシアの投資家も直接アクセスできるようになる」と述べた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

RM=27.6円、$=4.06RM(20日)(12:06)

SSTの免税品目案を公表 「自動車も対象」で混乱生じる(07/20)

SSTの詳細わかるまでは静観=イオン(07/20)

【アジア三面記事】神隠しの結末は(07/20)

ソニー、高級コンデジRX100VI発売(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

RM=27.7円、$=4.06RM(19日)(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

BMW、通年で2桁成長に自信=上期11%増(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン