• 印刷する

《労使》上海の賃上げ基準、18年は平均8%

上海市の労働組合組織、上海市総工会はこのほど、市企業聯合会、市企業家協会、市工商業聯合会と共同で、同市の2018年の賃金ガイドラインを発表し、賃上げ率の基準を平均8%に設定した。16年に上海市人事社会保障局(人社局)が発表した基準(9%)と比べ、1ポイント引き下げた格好だ。

経営状態が正常で、利益が増加している企業は8%を基準とする。前年の従業員1人当たり平均給与水準が、市全体の労働者1人当たり平均給与の2倍以上の企業は、賃上げ率を同基準未満に、市全体の平均給与の60%を下回る企業は基準を超える賃上げ率にしなければならないとしている。

賃上げ率の下限は3%とした。業績が下降している企業に対しては、下限値を参考にするよう勧めている。経営が困難な状況にある企業は、下限値を下回る賃上げ率でも構わないと定めた。


関連国・地域: 中国-上海
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

17年GDPを下方修正、成長率6.8%に(01/18)

阿里雲、空港にデータ可視化サービス提供(01/18)

「朝鮮族がライバルに」 対北朝鮮事業、専門家が指摘(01/18)

テイクオフ:「今晩はどちらにお泊り…(01/18)

テイクオフ:日本を訪れた中国人旅行…(01/18)

資策会の華為製品禁止措置、早ければ5月から(01/18)

中国中鉄、ヤンゴン高架鉄道建設を提案(01/18)

中小企業の苦境続く 4Q指数、景況判断の100割込む(01/18)

日清フーズ、豪同業買収有力か 中国企との一騎打ち(01/18)

農産物の対中輸出額、18年は過去最高(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン