サムスンと梨花大、有機EL材料で新発見

韓国のサムスン電子は25日、同社の総合技術院と梨花女子大学の研究者が共同で、有機EL発光材料のうち青色りん光材料の劣化のメカニズムを初めて解明し、劣化の改善が可能な材料の設計方法を提案したと発表した。この設計方法が実用化されれば、需要が増える有機ELディスプレー…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

現代自、主力ミニバンの特別限定モデル投入(05/22)

韓国カムシス、ベトナムで超小型EV生産へ(05/22)

フエに観光特区造成、韓国企業の協力を要請(05/22)

テイクオフ:ドルイドキング事件――…(05/21)

LGグループが4代世襲へ 会長の長男、安定した経営環境を(05/21)

LGグループ具本茂会長、73歳で死去(05/21)

韓国企業、北部に物流センター開設(05/21)

SKの期待高まる、東芝メモリ売却決定(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン