• 印刷する

テイクオフ:香港礼賓府(行政長官公…

香港礼賓府(行政長官公邸)が先ごろ、1日だけ一般公開された。昨年7月に林鄭月娥(キャリー・ラム)氏が行政長官に就任してからでは2度目。行列ができるほどの人気と聞き、昼時を狙って足を伸ばした。

これまで外観を眺めるだけだった公邸。内部には手入れされた庭が広がり、白を基調としたコロニアル様式の建物が鎮座する。その向こうには奇抜な形の高層ビル群。狭い土地にさまざまな要素が凝縮された香港らしい風景だ。カメラのシャッターを切るうち、いつの間にか入場規制が敷かれ、長蛇の列ができていた。

今回は会えなかったが、午後には林鄭長官も現れて市民と交流したという。当日の訪問者数は前回の2倍以上となる1万1,000人超。普段目にできないものを見たい。政治への関心の高まり以上に、行列の向こうに見え隠れしたのは純粋な好奇心。その辺は万国共通なのかもしれない。(亀)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

女性の出産、経済負担が重し NPO調査、住宅の狭さも影響(12/11)

新年度予算、企業支援など軸=陳財政長官(12/11)

ナガコープ社債がアジア最良、香港経済誌(12/11)

スタートアップの商品化を支援、科技園(12/11)

日系イベント情報(12月1回目)(12/11)

屯門の古紙リサイクル工場、23年稼働へ(12/11)

行列による経済損失、1年で24億米ドルに(12/11)

金融免許の申請が急増、大湾区を見据え(12/11)

4日続落、医療関連が安い=香港株式(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン