テイクオフ:すっかり交通インフラと…

すっかり交通インフラと化した配車アプリだが、ここ数カ月なかなか車がつかまらない。運転手に聞くと、管理会社の取り分が多く「儲からない」とぼやく声も。何でも素早く始めるマレーシア人だが、旨味が少ないと分かるや退散も早く、今は運転手が不足しているのだろうか。

先日、歩いて40分ほどの距離の取材先から会社に戻ろうと配車アプリを立ち上げたが、案の定運転手が見つからない。歩きながら路上のタクシーに声をかけるが、誰一人としてメーター料金では乗車させず、相変わらず法外な料金を吹っ掛けてくる。運転手に「だから皆配車アプリに流れるんだ」と嫌味を言うものの、彼らの心に響く様子はない。

そして26日に発表された、米ウーバーの東南アジア事業のグラブへの売却。今後はグラブ一強か。どうなる、当地のタクシー事情。利用者として見届けたい。(理)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:10数年前に治療した歯…(05/21)

〔新政権〕投票を通じた「民主化」 ジェトロ・アジア研・中村氏寄稿(05/21)

RM=27.9円、$=3.97RM(18日)(05/21)

リー首相、マハティール新首相と会談(05/21)

ペトロナス小売り部門、1Qは増収減益(05/21)

外資系自動車、GST撤廃で各社が対応発表(05/21)

川崎重工、ジャカルタ新事務所を開所(05/21)

国民車メーカー2社、GST撤廃分を還元(05/21)

高速道路関連株、無料化公約で軒並み下落(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン