海外に残る根強い風評、事故後初輸出

【共同】タイの首都バンコクの日本料理店で開催予定だった福島県産ヒラメを提供するフェアが、現地の消費者団体などの反発で中止された。東京電力福島第1原発事故後、初の福島県産鮮魚の輸出が実現し、漁業復興へ期待が高まる中での不測の事態。放射性物質を厳格に検査して安全性…

関連国・地域: タイ
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料農林・水産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

アユタヤ銀、ベトナム消費者金融の参入先送り(18:38)

テイクオフ:米国のトランプ大統領を…(05/21)

JICA、洪水対策で提言 外郭環状放水路の優先整備を(05/21)

サンキョウホーム、京阪不動産とコンド開発(05/21)

アセットワイズ、ラプラオの低層コンド発表(05/21)

タイ・カンボジア鉄道、6~7月に開業見込(05/21)

首都庁、BTSのエレベーターに8.8億円(05/21)

ボイラーの三浦工業、バンコクに新営業所(05/21)

サイアムシティー、産業用の洗浄事業を買収(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン