反ダンピング局、太陽光設備の調査打ち切り

インド商工省傘下の反ダンピング・関連税総局(DGAD)は、中国と台湾、マレーシアから輸入される太陽光発電設備が不当廉売(ダンピング)に当たるかどうかの調査を打ち切った。エコノミック・タイムズ(電子版)が24日伝えた。 DGADは、国内の業界団体とインド太陽光製造…

関連国・地域: インド
関連業種: その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本から遠く離れ、気軽…(01/23)

ヤマハがスポーツで攻勢 300万台市場、今年6モデル超投入(01/23)

高級スクーター販売、市場全体の25%占める(01/23)

二輪TVS、18年10~12月は2桁の増収増益(01/23)

バジャジ、小型四輪キュートを3月に発売(01/23)

マイトラ、電動バス導入に10億ドル投資(01/23)

VWの排ガス不正問題、他メーカーを調査も(01/23)

川崎陸送、西ベンガル州で倉庫100棟設置へ(01/23)

プラバト、乳製品事業を仏ラクタリスに売却(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン