• 印刷する

車部品の見本市、来月5日にバンコクで開幕

自動車部品の見本市開催を発表したTAPMAのアチャナー会長(右から2人目)ら=22日、ノンタブリ県(NNA撮影)

自動車部品の見本市開催を発表したTAPMAのアチャナー会長(右から2人目)ら=22日、ノンタブリ県(NNA撮影)

タイ商務省国際貿易振興局(DITP)は22日、自動車部品・アクセサリーの見本市「タイランド・オートパーツ・アンド・アクセサリーズ(TAPA)2018」を4月5~8日にバンコクで開催すると発表した。成約額は2016年の前回開催から18%増となる20億バーツ(約67億円)を目指す。

会場はバンコク東部の展示会場「バイテック・バンナー」で、展示面積は1万9,200平方メートル。国内外の529社が参加し、1,034ブースを設置する。外国の事業者は日本、韓国、中国や東南アジア、欧州の各国。来場者は約1万人を見込む。

TAPAは2年に1回開催され、今年が8回目。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)への注目が高まる中、期間中に関連セミナーの開催も予定している。

見本市を共催するタイ自動車部品製造者協会(TAPMA)のアチャナー会長は、急激なEV振興はタイの小規模な車部品メーカー約600社に影響を与えるとし、政府に15~20年かけてEV化を進めるよう提言した。タイの車部品メーカーは約2,500社で、このうちティア1は700社、ティア2~3は1,700~1,800社だという。


関連国・地域: タイ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:毎朝、寝覚めに体重計に…(06/01)

減産で先行き不安、日系の自動車関連企業(06/01)

制限緩和第3弾、きょう実施 マッサージ店や映画館が営業再開(06/01)

【ウィズコロナ】景気回復、各種制限が重しに 東南アジアのリスク・見通し(上)(06/01)

新規感染者4人、海外からの帰国者(31日)(06/01)

労働許可証の保有者、緊急用件で入国許可も(06/01)

4月の外国人旅行者はゼロ、入国禁止措置で(06/01)

各地のビーチがきょう再開、制限緩和受け(06/01)

王宮が6月4日に再開、観光客受け入れ(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン