テイクオフ:台北MRT淡水信義線は…

台北MRT淡水信義線は、奇岩駅から関渡駅まで逆U字型に弧を描いて走る。弧の内側は湿地と水田が広がる「関渡平原」。なぜ交通至便な平原が開発されないままなのか、長らく疑問だった。

800ヘクタールの関渡平原を、半農生活提唱者の陳青松さんと歩いた。陳さんいわく、基隆河と淡水河が交わる関渡は水害多発地帯。平原は天然の調整池の役割を果たし、市は60年代から一切の建設工事を禁じる「禁建令」を敷いている。ただ歴代市長は博覧会やスポーツ大会開催を口実に開発したがった。国民党は禁建令の傍ら、財団経由で平原の土地4~5割を入手したとも。

柯文哲市長は関渡平原を保護し、耕作地と農業公園を共存させる案を提唱中。だが投資でもうけたい地主たちが反対しており、開発気運が再燃する懸念もある。ヤイロチョウやカワセミの大群をいつまで愛でられるのか、予断を許さない。(淳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

台湾の彰化銀行、マニラ支店を開業(18:59)

テイクオフ:夏の台湾を代表する食べ…(07/23)

スターフライヤーまず2路線で 北九州と中部から、福岡便は断念(07/23)

カー用品市場にアジアが注目 先行するタイ企業など、参入模索(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

中国本土の103社ランクイン フォーチュン500社番付(07/23)

ベトナムのフック首相、台プラ工場を視察(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

大江生医が中国で機能性商品、不動産大手と提携(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン