テイクオフ:台北MRT淡水信義線は…

台北MRT淡水信義線は、奇岩駅から関渡駅まで逆U字型に弧を描いて走る。弧の内側は湿地と水田が広がる「関渡平原」。なぜ交通至便な平原が開発されないままなのか、長らく疑問だった。

800ヘクタールの関渡平原を、半農生活提唱者の陳青松さんと歩いた。陳さんいわく、基隆河と淡水河が交わる関渡は水害多発地帯。平原は天然の調整池の役割を果たし、市は60年代から一切の建設工事を禁じる「禁建令」を敷いている。ただ歴代市長は博覧会やスポーツ大会開催を口実に開発したがった。国民党は禁建令の傍ら、財団経由で平原の土地4~5割を入手したとも。

柯文哲市長は関渡平原を保護し、耕作地と農業公園を共存させる案を提唱中。だが投資でもうけたい地主たちが反対しており、開発気運が再燃する懸念もある。ヤイロチョウやカワセミの大群をいつまで愛でられるのか、予断を許さない。(淳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「台北の裏面も見ておい…(05/21)

通信・IoTは年5000人必要 国発会、今後3年の人材需給発表(05/21)

台湾の如興、ジーンズ2工場の新設計画(05/21)

鴻海・郭董事長、半導体の自社製造に意欲(05/21)

行政院長が張忠謀氏と会談、スマート社会実現で(05/21)

メッキのNAKARAI、台湾での薬剤販売が好調(05/21)

電動二輪の其易、印ヒーローモトコープと覚書(05/21)

統一企業がアルミパックの生産増強、年末稼働(05/21)

大同の増資計画、使途不明で株主が不認可要求(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン