貿易戦争勃発なら打撃に、先行きは不透明も

米中間で貿易摩擦が激化する中、シンガポールに拠点を置くエコノミストの間では、事態がエスカレートするか沈静化に向かうかで意見が分かれている。もし「貿易戦争」が勃発すれば、経済を貿易に大きく依存する小国のシンガポールが打撃を受けるのは必至だ。 中国商務省は23日、米…

関連国・地域: 中国シンガポール米国
関連業種: 経済一般・統計金融・保険政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポール中心部にあ…(06/20)

テイクオフ:マレーシアで、オースト…(06/20)

国内質店数が過去10年で2倍 競争激化、大手3社が半数占める(06/20)

華僑銀、大湾区での利益を5年で2倍へ(06/20)

SPグループ、国内500カ所にEV充電設備(06/20)

飲食店の衛生評価、20年後半に新制度導入(06/20)

KFC、きょうからストローの提供中止(06/20)

ホービーランド、ロンドン金融街のビル取得(06/20)

A―Hトラスト、大阪のホテル3軒取得(06/20)

キャピタランド、中国で2件のモール管理契約(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン