テイクオフ:米フェイスブックが管理…

米フェイスブックが管理する個人情報が流出し、米大統領選挙に不正利用されていた可能性が浮上した事件が、インドでも波紋を呼んでいる。プラサド電子・情報技術相は「票集めのためのソーシャルメディアの悪用は許さない」と語気を強め、インド人の情報流出が発覚した場合には、フェイスブック創設者のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任差(CEO)を召還するとまで表明した。

昨年時点のインド人のフェイスブック利用者は2億4,100万人。利用者数でこれまで首位だった米国を抜いた。個人だけではなく、企業や政党も国民との交流手段として活用を増やしている。

インドでは来年に総選挙を控え、モディ首相率いるインド人民党(BJP)と野党第一党の国民会議派(INC)は既に火花を散らせている。世界最大の民主主義国家として、公正な選挙が望まれる。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:米国で銃乱射事件が相次…(05/28)

南部2州、進む投資環境整備 自動車中心に需要底堅く(05/28)

トヨタがスズキに技術支援、印アフリカ開拓(05/28)

マヒンドラ、南アにピックアップ組立工場(05/28)

乗用車市場、20年以降はディーゼル25%以下(05/28)

アポロ、AP州でトラック向けタイヤ生産(05/28)

日本紙パルプ商事、インドで合弁設立(05/28)

貨物鉄道西回廊、独立記念日に一部開通(05/28)

建設L&T、バングラ鉄道関連事業を受注(05/28)

デルタ航空、ムンバイ直行便を来年再開予定(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン