ロヒンギャ帰還「着実に」、堀井政務官

【ネピドー共同】堀井巌外務政務官は23日、ミャンマーの首都ネピドーで、チョー・ティン・スエ国家顧問府相と会談し、イスラム教徒少数民族ロヒンギャの帰還を国連機関の関与を得て着実に実施するよう求めた。 ロヒンギャの迫害問題が起きているラカイン州について緊張緩和、融和…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

コメの国境貿易で、中国と政府間協議を要請(13:20)

第1四半期のFDIは低調 8億ドル、通年目標の14%(01/23)

コメ輸出量、EU輸入制限などで減少予想(01/23)

FTA結び戦略的関係へ、EUとASEAN(01/23)

12月のインフレ率、6.86%で昨年最高値(01/23)

CISの亜泰、米中摩擦でミャンマー工場を拡張(01/23)

国境貿易が3%減、中国国境の管理強化で(01/23)

カチン州で3大臣更迭、スーチー氏が命令か(01/23)

食用油協会、製油所の食品局認可取得を支援(01/23)

ヤンゴン管区の交通違反、18年は3.5万件(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン