太陽光機器巡る米との紛争、協議開催へ

マレーシアのムスタパ・モハメド貿易産業相は22日、米政府が太陽光発電機器に追加関税を課すことを決めたことにマレーシア政府が反発し、世界貿易機関(WTO)に提訴している問題で、当事者間協議の開催をWTOに要請したことを明らかにした。23日付マレーシアンリザーブが伝え…

関連国・地域: マレーシア米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:通勤電車の中、ひそかに…(01/17)

新車販売、19年は横ばい 政府に承認の迅速化要請=MAA(01/17)

RM=26.4円、$=4.11RM(16日)(01/17)

プロドゥア、新SUV「アルス」を発売(01/17)

MDECの新CEOに米国帰りのスリナ氏(01/17)

巡礼基金、債券投資重視へ戦略転換(01/17)

ゲンティン、増税でコスト削減強化(01/17)

イスカンダルの18年投資誘致、目標を突破(01/17)

マレーシアのファンダメンタルズ強固、世銀(01/17)

天然ゴムの輸出30万トン削減、2カ国が合意(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン